【三日目】2018年3月 ピーチで行く台湾 ランタンフェスティバル 阿里山へ

阿里山鉄道には乗れないので、バスで阿里山に向かう作戦です。

昨日、ネット情報を駆使しファミリーマートの端末で、バスのチケットが買えることが判明。実際にバスチケットの発券を完了済。

 

なんとなく端末の画面に表示されてていることは分かるので、何とかなるもんです。

嘉義から阿里山へバス移動

 

ホテルをチェックアウトし、荷物を嘉義駅の荷物預かり所「行李房」に預けます。

駅から向かって左側にある事務所のような場所に行李房」があります。

事務所の奥にラックがあり、荷物にタグを付けてシンプルに置くだけ。治安のいい国だからか、セキュリティらしきものはないけど荷物は無事でした。

これで身軽になり、機動力アップ。

 

嘉義の駅前でバスを待ちます。

停留所の案内見ると、阿里山まで遠いぞ。バス停いっぱいや。

 

バス停付近の道路が傷んでたるなぁと思ってたら、台南市の工事のトラックがやってきて、あっという間に道路を補修し立ち去っていきました。

なんかスゲー。

 

バスのチケットには、8時25分と書いてあります。でも、この時間は始発のバス停の出発時間のようで、嘉義駅には8時35分ぐらいにバスが到着しました。

 

バスが着いた途端、待ってましたとばかりに続々と人が乗り込みます。

前方の席が予約席で、後方席が自由席のようです。

我等は座席を予約してるので、予約番号の席に着座。

何やら、韓国のかたかな?が、そこの席は俺達の見たいな感じで話してきます。ヤバイ、言葉の壁が。

でも、向こうさんのチケットの時間は、次のバスの時間。チケットの出発時間が嘉義駅バス停の出発時間と違うからややこしい。

その方たちは、空いている席に。なんやかんやで、結構なフル乗車で阿里山に向けて出発。

 

約二時間半ほどの道中で、トイレ休憩が途中一回あるようです。バスに乗っちゃうと気軽にトイレに行けないし、言葉が通じないしハードなバス旅です。

仕方なく、外を眺めますが暇ですね。

バスの車内の時刻表を眺めたり。

 

トイレ休憩は、コンビニ(ハイライト)のトイレでした。ちなみに買い物はしてませんが、トイレだけ使わしてもらいました。

 

阿里山で阿里山森林鉄路に乗車

バスを降りたら、標高の影響からか寒い。わい半そでやのに。

到着したバスターミナルはこんな感じ。

バスを降りるときに、国立公園に入る割引券のようなものをもらいました。公共交通機関でくると、公園に安く入れる仕組みたいです。

 

嘉義駅からは阿里山森林鉄路には乗れませんでしたが、阿里山まで来たら乗れるんですよ。

ここまで来たら、乗らない理由はないです。

阿里山駅と沼平駅の一駅だけですけど。

 

かわいい電車とご対面。小さいですな。

乗ってみても、車内は小さいです。

一駅なんで、あっちゅうまに到着。

 

 

沼平駅周辺を散策しますが、雨が降ってきて傘もないので退散することに。

お昼の時間帯は電車の運行がなく、沼平駅からマイクロバスで阿里山駅へ戻ります。電車以外にも、バスが運行してるのでバス移動ができますね。

 

嘉義駅に戻るバスの発車時間まで、セブンイレブンを物色。お菓子の袋がみなパンパン、気圧の影響ですな。

帰りのチケットは、セブンイレブンで売ってます。時刻表も貼ってあるので、着いたら帰りのチケット買うとよいです。

帰りも約二時間半のバス旅です。ちなみに、トイレ休憩はなかったよ。

 

台湾で人気の一芳水果茶

ほんでもって、嘉義駅に帰ってきました。最近人気のドリンクスタンドへ行きます。

一芳水果茶は、水果茶(フルツティー)が有名なドリンクスタンドです。ドリンクスタンドもお店によって、色んなメニューがありますね。

途中まで飲んでますが、美味いです。当方おっさんですが、水果茶うましです。

 

台南のダイナスティホテル(台南新朝代飯店)に宿泊

台鉄で台南に移動します。

電車に乗る前に、台湾定番駅弁の排骨便當を買いました。

味のあるパッケージを眺め、電車に乗る前にベンチで完食。中身の写真はありません。

 

電車に揺られ台南駅に到着し、今宵の宿の 台南ダイナスティホテル(台南新朝代飯店) に到着

台南駅からそんなに離れていない立地と、日本語が話せるフロントの方がいます。これは安心。

値段も、素泊まり二人で5,000円程度。朝食は付いてないですが、台南には朝ごはん屋さんが多いし困らない。

 

ホテルの無料レンタル自転車で、台南の街を散策します。

 

台南のコストコ

豚骨ラーメン売ってました。

 

上海好味道小籠湯包

小籠包が有名で、安くて美味し。

台南の駅から、ちと遠いです。

 

グーグルマップを眺めながら、小回りの効く自転車で結構な距離を爆走。自転車便利ですが、疲れたぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まいど! 管理人のふくともと申します。 40代の普通のサラリーマンです。会社の愚痴を肴に、晩酌で疲れを癒やしています。 体の疲れは癒えても、心の疲れは癒やしきず消耗するエブリデイを過ごしています。 同年代に共感してもらえる情報を発信し、少しでもお役に立てればと思います。 よろしくです。