チャイナタウンからバトゥ洞窟の行き方!?KTMコミューターより、GRABがおすすめ!

チャイナタウンでチキンライスを食べ終え、これまた有名観光地のバトゥ洞窟へ向かうことにします。
KTMコミューターという電車で行ける場所でもあるし、電車に乗るの好きなんで電車で向かいましょう。

クアラルンプール駅からバトゥ洞窟へ

チャイナタウンからパサールセニ駅へ戻り、陸橋を利用してクアラルンプール駅へ向かいます。
駅が工事していて迷いながらも到着。

KTMコミューターでバトゥ洞窟の近くの駅に行けるので、乗り鉄しようと思ったわけです。

しかしバトゥ・ケイブ駅行きの時刻表を見ると、一時間半後にしか電車来ない。そんなに待つん?ほんと?

と思いながらも、聞くすべもなく諦めることに。そんなに待てねーっす。

イリーを使って駅員さんに聞いたらよかったかな?会話が複雑になりそうで難しかったかも。

 

セントラルマーケット前からGRABでバトゥ洞窟へ

移動に困ったときは、あれを呼ぶしかありません。スマホで簡単に呼び出せるGRABタクシーです。

拾ってもらいやすい場所を求め、セントラルマーケット前に移動してスマホからポチッと呼びます。
焦って失敗して、GRAB SHAREで呼んじゃいました。

 

途中で人数確認のメッセージが来たりしましたが、無事に乗ることができました。
向かう途中で一人乗せて送り届けたので、余分に時間はかかっちゃいましたけど。

 

バトゥ洞窟の急な階段で汗だく!サルにも遭遇!

有名な観光地のバトゥ洞窟は、ガイドブックにも必ず載ってるスポット。ヒンドゥー教聖地の洞窟

 

有名なマレーシアの観光地なんで、とりあえず行ったことなけりゃ行っときましょう。

階段の手前に巨大な像があったり、色鮮やかな展示物があります。
目玉は派手な272段の階段を上がることですね。これがしんどい。

 

 

階段の注意事項
・階段が急なんで危険
・階段に奥行きなくて危険
・何もしてこないが猿が怖い
・スニーカーで挑みましょう
・降りる時の方が怖い
・上り下りで人にぶつかりそう

 

上まで登り切ると巨大な洞窟とご対面。天井が高く大空間が広がります。

 

天井から水が滴っていて床もびちゃびちゃで滑りやすいのでお気をつけください。

 

奥まで行くと吹き抜けみたいになっていてキレイ。階段登りきった褒美ですな。

 

バトゥ・ケイブ駅からKTMコミューターで乗り鉄

次の目的地は、「I ♥ KL」のモニュメントがあるクアラルンプールシティギャラリーを目指します。
これもガイドブックで、よく見るやつです。

クアラルンプール駅から歩いて行けそうなんで、電車に乗るためバトゥ・ケイブ駅へ。

15分後発の電車があったので、切符を買うことにします。

自動券売機にチャレンジしたんですが、お金の支払いのところで進みません。最初からやり直してもダメ。

結局は有人窓口に行き、『クアラルンプールステーション、ツーパーソン』で無事に購入。

 

電車はホームに停車しており、そそくさと乗り込んで出発まで待ちます。
エアコン効いててサイコーです。

 

クアラルンプールシティギャラリー観光

クアラルンプールシティギャラリーはここ。

 

写真撮る以外の目的はないです。撮りたいがために来ました。

この辺りも観光スポットなんで写真を撮ります。

 

ムルデカ広場

 

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル
(旧連邦事務局ビル)

西洋建築の歴史的な建物をスマホカメラでパシャリ。

あとの予定は、これまた有名なペトロナスツインタワーに向かう事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まいど! 管理人のふくともと申します。 40代の普通のサラリーマンです。会社の愚痴を肴に、晩酌で疲れを癒やしています。 体の疲れは癒えても、心の疲れは癒やしきず消耗するエブリデイを過ごしています。 同年代に共感してもらえる情報を発信し、少しでもお役に立てればと思います。 よろしくです。