【ニ日目①】2018年3月 ピーチで行く台湾 ランタンフェスティバル 鳥山頭ダム

ランタンフェスティバル旅行の二日目。

今日は、阿里山鉄道に乗ってランタンフェスティバルを楽しむ予定です。朝から夕方までは阿里山、夕方に嘉義駅に戻ってきて、そこからランタンフェスティバル予定。

ホテル カントリー (國園商務飯店)の朝ごはん

8時30分に嘉義駅出発の阿里山鉄道に乗ります

その前に、朝ご飯ですね。ホテルが朝食付きだったので、ホテル飯にしました。ホテルの周りを調べても、朝ごはん屋さんがよく分かんなかったんもあります。

 

ご飯の種類はこんな感じで、悪くない品数だと思います。

『ぶたそばる』

おかしな日本語もご愛嬌。

味付けも、僕の口には問題なし。美味しかったです。

 

阿里山鉄道に乗車

嘉義駅に8時前に到着しました。ちょっと時間があるので、駅周辺をうろうろ。

阿里山鉄道の切符売り場は、まだ閉まってます。

乗車時間も近づいてきたんで、改札で切符を見せホームに行こうとしたら駅員さんが何やら話してきます。何を言ってるかわかりません、これは困った。

貼ってあるポスターを見ろとジェスチャー。中国語なのであんまり分かりません。

漢字の雰囲気から推測すると、2/29〜3/11の期間は嘉義から十字路区間は全面運行停止。安全確認と補修作業をしてるみたいです。

一年以内に乗車券を駅に持ってくれば返金します。たぶんこんな感じ。

 

ハプンニング発生やん。昨日、駅で発券する時にこの事言ってくれよ。予約もできて切符も発券できたら、乗れる思うやん。

点検で乗れないなら、発券した時に駅員さん教えてや!!

でもなんか、台湾らしいかなぁ。

 

とりあえず阿里山鉄道の切符売り場へ。クレジットカードで払い込んでるし、切符を返金してもらわなければ。

「チケット、キャンセル、プリーズ」と、切符をみせながら伝えると、予約で使ったクレジットカードを出してくれと言ってるみたいです。

なんとなくですけど。

クレジットカードのキャンセル処理のレシートをもらい、お金の処理は完了。

 

この後、どうしないしよ・・・

 

駅周辺には、阿里山行きの乗り合いタクシーの呼び込みがいて、めっちゃ声をかけてきます。

バスで行こうかとも悩んでましたが、バスの生き方は調べていなかったので、明日予定の鳥山頭ダムに行くことに予定変更。

 

鳥山頭ダムの八田與一記念公園へ

急遽の予定変更ですが、嘉義駅から鳥山頭ダム最寄り駅の隆田駅へ向かうこと。

嘉義駅の改札を入り、阿里山鉄道の発着ホームを見学します。乗りたかったので、非常に残念。

嘉義駅から隆田駅まで、30分程電車に揺られます。駅に到着したら、駅前のロータリーからタクシーに乗ることは調査済み。

『ウーシャントウ」と伝えると、所要時間2時間とお値段800NTDと書いてある日本語のボードを見せてくれます。

 

運転手の方が非常に親切で、言葉は通じないですがダムの中も同行し案内をしてくれました。

日本ではあまり八田與一さんの事は知られてないですが、台湾の地でこうして功績を感謝されてるのを見ると、同じ日本人として嬉しいですね。

タクシーの人も親切で、おまかせでキチンとコースを回ってくれるので、ぜひぜひタクシーでの観光をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まいど! 管理人のふくともと申します。 40代の普通のサラリーマンです。会社の愚痴を肴に、晩酌で疲れを癒やしています。 体の疲れは癒えても、心の疲れは癒やしきず消耗するエブリデイを過ごしています。 同年代に共感してもらえる情報を発信し、少しでもお役に立てればと思います。 よろしくです。