マレーシアのブルーモスク観光はGRABで行くのが便利

マレーシアのクアラルンプール郊外にあるブルーモスクへ行ってまいりました。

ガイドブックにも載っている人気観光地です。

なんでも見学者の75%は日本人観光客らしいんです。日本人大好き観光地ですね。

ブルーモスクへの行き方はGRABタクシーがおすすめ

GRABタクシー一択行で行きましょう。これが一番早くて簡単なんでおすすめします。

ブルーモスクが駅からもバスターミナルと、どちらかも離れているのでGRABを呼んで行っちゃいましょう。

ブキッ・ビンタン付近からは、53RMの料金で行けました。

配車アプリGRABをマレーシアで使ったら超絶便利だった!

 

ブルーモスクへバスでの行き方

ちなみにバスでの行き方は、パサールセニ(Pasar Seni)駅のバスターミナルからバスが出ています。

 

パサールセニのバスターミナルはここです。

750番バスに乗れば、シャーアラムバスターミナルに到着します。降りるときはグーグルマップを頼りに、ブルーモスクの近くなれば降車ボタンを押しましょう。

スタートする場所に寄りますが、わざわざパサールセニ駅に行く時間とブルーモスクの最寄りバス停シャーアラム(Shah Alam)から歩く時間を含むと時間が勿体無いと思います。

 

ブルーモスクの見学と時間

ブルーモスクの場所はここですね。

見学時間は決まっているので注意してください。

 

■見学時間(土曜日~木曜日) 9:00~12:30 14:00~16:00 16:45~18:30

■見学時間(金曜日) 9:00~12:00 14:45~16:00 16:45~18:30

※2018年11月現在

 

 

到着したら受付があるのでサインをして、人数が集まるのを待ちます。

自分たちを含めて日本人ばかり集まりツアーが始まりました。

ガイドさんは丁寧に英語で説明をしてくれますが、英語が分かりません。モスクの見学は30~40分で写真撮影もOKです。

 

内部は広くてきれいで見ごたえはありますが、見学だけなのであっさりと終了します。

 

ブルーモスクからバスでの帰り方

行きはGRABタクシーをおすすめしましたが、帰りはバスに乗りました。

チャイナタウンへチキンライスを食べに行くのに、750番バスがチャイナタウン最寄り駅のパサールセニ駅に行くからバスを選択。

 

シャーアラムのバスターミナルはここ。

ブルーモスクから、15分程歩きました。暑かったのでしんどかったー。

 

バスターミナルはこんな感じで売店があります。

帰りの750番バスは、売店前の島になっている場所にバスが来ます。バス停も何もなく来る時間もわかんないから、不安になりながらバスを待ちます。

 

椅子があるので座ってまちましょう。なにげに日差しが暑いです。

バスの料金は3RMの前払い制でお釣りシステムはないので気をつけてください。売店で水(1RM)を買えば小銭が用意できます。

パサールセニまで40分ほどでしたが、終点なんで乗り過ごしはありません。

 

Nam Heong Chicken Rice (南香飯店)のチキンライス

チャイナタウンのチキンライス有名店

お店の場所はここ。

 

チキンライスのセットを、蒸しと焼きで注文しました。

 

ショウガソースとチリソースがテーブルにあり、かけて食べるとうましです。

 

日本人だからかビールの注文を聞かれ、ついつい「いる」と返事します。缶のタイガービールとチキンライスの値段がほとんど一緒。

やはりビールの値段が高く感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まいど! 管理人のふくともと申します。 40代の普通のサラリーマンです。会社の愚痴を肴に、晩酌で疲れを癒やしています。 体の疲れは癒えても、心の疲れは癒やしきず消耗するエブリデイを過ごしています。 同年代に共感してもらえる情報を発信し、少しでもお役に立てればと思います。 よろしくです。