キャセイパシフィック航空でクアラルンプールから香港経由で関西空港へ帰国

日本への帰国の日となりました。
今日は家に帰るだけで一日が終了します。

■本日の予定
10:00 クアラルンプール出発
16:35 香港出発
21:10 関西空港到着

最近はLCCばかり乗っていたんので、久しぶりにレガシーキャリアのキャセイパシフィック航空です。

席の前にテレビがあるのと機内食がでるのが久しぶり。

KLIA1からキャセイで香港へ

帰りの飛行機はKLIA1から10時出発のキャセイドラゴンです。

早朝6時ぐらいにGRABに乗り込み空港へ向かいました。

この時間でも5分ほど待てば迎えにきてくれるのは凄い。このシステムは、日本でもホントほしいですね。

 

キャセイのセルフサービス・バッグドロップ

空港に到着しキャセイパシフィック航空のカウンターへ行くと、長蛇の列で200人ぐらい並んでいます。

事前に座席指定をオンラインチェックインで済ましているので、キオスク端末でセルフチェックインをします。

キオスク端末は空いていて日本語OKなので、パスポートをスキャンし発券。

 

「手荷物タグ」と、トランジットなので2枚のチケットが出てきました。

事前情報では預け入れ荷物に手荷物タグを取付たら、空いているバッグドロップカウンターへ行けるので時間短縮できると。

しかしKLIA1のキャセイカウンターのバッグドロップカウンターが分からない見つからない。
係員に身振り手振りで聞くと、通常カウンターの長蛇の列に並べと。

KLIA1では、セルフサービス・バッグドロップはできないようです。調査不足でした。

しかも、チケットを見ると搭乗時間は9時10分です。出発時間は10時なのに、50分前に搭乗口には行かないと。

余裕を持って空港に到着したつもりが、時間がなくなってしまいラウンジでの朝ご飯と朝ビールが撃沈してしまいました。

機内持ち込み手荷物だけだと、カウンターに並ぶ必要ないのでスムーズなんでしょうね。

 

クアラルンプール(KLIA1)の手荷物検査は2回もある

保安検査場を通りエアロトレインに乗り込み搭乗口を目指します。この空港は広いし、移動に時間がかかります。

途中の売店で残ったお金を使い切る為にお土産(お菓子)を買います。

搭乗時間に搭乗口へ到着したらスゲー人が多いです。

LCCの小さな飛行機に慣れちゃったんで、大型機だとこんなに人が乗れるんだと驚き。

しばらくすると機内への案内が始まりましたが、なんと乗る直前にも手荷物検査をしてるじゃありませんか!

保安検査でしたのに、2回もすんの!!

結構な人が引っかかり、水やらジュースやらを捨てています。

免税店で酒を買ったらどうなるんだろ?没収やろか?

僕は何も持っていなかったので、難なく通過。

KLIA2から国内線でペナン島に行くときは、こんなダブルチェックは無かったのに。

何らかの基準(国内線はしない、国際線はする)で検査してるんでしょうかね。

 

朝ごはん食べれなかったので、機内食がありがたや。

空港内には、時間に余裕を持って行かなあきませんね。

 

香港国際空港から関西空港へトランジット

香港に到着し初めてのトランジット体験なので、きちんと乗り継ぎできるかが心配でした。

香港の空港だし迷わないかなぁと。

 

空港にはちゃんと案内板が出ているので、それに従えばなんの問題もなかったですね。

搭乗時間の15:55までは、一時間以上の待ち時間です。

こんなときは、プライオリティパスでラウンジに行きます。

 

往路にも立ち寄ったラウンジで、ビールをいただくことに。カウンターで注文すれば、アサヒスーパードライをだしてくれました。

日本を感じながら搭乗時間までのんびり。

飛行機は定刻通り出発し、21:00頃に関西空港に無事到着。

 

旅行のまとめ

11/10 香港
・ヴィクトリアピークとガーデン・オブ・スターズ

11/11 マレーシア クアラルンプール
・アロー通りで食事

11/12 マレーシア クアラルンプール
・ブルーモスクとバトゥ洞窟とペトロナスツインタワー

11/13 マレーシア ペナン島
・セントジョージ教会と壁画アート

11/14 マレーシア マラッカ
・オランダ広場とトライショーと水陸両用バス

11/15 マレーシア プトラジャヤ
・ピンクモスクとマッサージ

11/16 マレーシアから香港経由で関西空港
・帰るだけの日

こんな感じの日程での旅行でした。

飛行機も宿もバスの手配も、全部自己手配で行って無事に観光して帰国できました。
なんとかなるもんですな。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まいど! 管理人のふくともと申します。 40代の普通のサラリーマンです。会社の愚痴を肴に、晩酌で疲れを癒やしています。 体の疲れは癒えても、心の疲れは癒やしきず消耗するエブリデイを過ごしています。 同年代に共感してもらえる情報を発信し、少しでもお役に立てればと思います。 よろしくです。