ペトロナスツインタワーで夜景とディンタイフォンで中華を堪能

マレーシアが誇るペトロナスツインタワーの夜景を見に行きます。THE定番ですな。

2棟の大きなビルが対になっている、クアラルンプールのシンボル。

ムルデカ広場からGRABに乗り込みブキッ・ビンタンに移動。
ブキッ・ビンタンで晩御飯を食べてから、ペトロナスツインタワーに行く予定です。

クアラルンプールのディンタイフォン(鼎泰豊)で晩御飯

晩御飯はディンタイフォンに行きますぞ。

なぜにマレーシアに来てまで、ディンタイフォンに行くかというと単純に好きなんです。

それに世界最安値の料金で味わえるとネット情報を発見し、安く食べれるなら行かない理由はございません。

ディンタイフォン(鼎泰豊)のホームページ

 

場所はココ。

パビリオンというショッピングモールのお店に行きました。

マレーシアには、他にも数店舗を出店してますね。

 

小籠包

 

A菜炒め(豆苗かな)

 

パイクーチャーハン

 

ピリ辛ゆでワンタン

 

メニューの写真を取り忘れましたが、ざっくり一品20RMぐらいの値段が多かったです。

ビールもありましたが、お高めな価格です。この国はお酒高いよ。

 

ペトロナスツインタワーの夜景鑑賞

場所はここです。

ブキッ・ビンタンから、遊歩道(連絡通路?)みたいなのがあり案内に従って歩いていけますよ。

実際歩いて10分ほどで、無事到着。平日だけど、やっぱり人多いですね。

 

展望台に登るわけでもなく、外観をパシャリと写真に収めます。かっこええですね。

噴水のショーも見ましたが、なんかこれは残念な感じでした。

ツインタワーに満足し帰ることにします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まいど! 管理人のふくともと申します。 40代の普通のサラリーマンです。会社の愚痴を肴に、晩酌で疲れを癒やしています。 体の疲れは癒えても、心の疲れは癒やしきず消耗するエブリデイを過ごしています。 同年代に共感してもらえる情報を発信し、少しでもお役に立てればと思います。 よろしくです。