スターフェリーでセントラル・15番バスでビクトリアピーク

ホテルに荷物を置き身軽になったので、観光とお食事に出発します。

スターフェリーでセントラル(中環)へ!

チムサーチョイ(尖沙咀)からを、スターフェリー乗り場に歩いていきます。

 

途中でこんなのをみ見たり。

 

グーグルマップに道案内してもらい、フェリー乗り場に迷うことなく到着。

グーグルマップ素敵。

 

フェリー乗り場近くの時計台。旧九龍駅時計台というらしく、九龍と広州を結んでいた鉄道の九龍駅に建てられた時計台だそうです。

この時計台を目指せば、スターフェリー乗り場に到着できます。

フェリーの乗り方は簡単でした。年季の入った券売機で、トークンを買います。約10分のクルージングで2.7HKDで安い。

 

ミシュラン一つ星の添好運點心專門店(中環店)

スターフェリーでセントラル(中環)に到着しました。
世界一安いミシュラン一つ星といわれている添好運點心專門店へ向かいます。

並ぶかと思ったんですが、16時頃だったからか待ち無しですんなりご案内。

オーダーシートで注文なんで、言葉が通じなくても大丈夫。ただ、店員さんの接客が素っ気ない感じがします。

名物の酥皮焗叉燒包(チャーシューメロンパン)

手前が美味鮑汁鳳爪
奥が煎臘味羅白糕

どうせなら変わった物を食べようと、冒険して鶏の足を頼みました。ちょっとグロいですな。

見た目はあれですが、アワビソースで煮込まれていてプルンプルンで旨しです。食べれる身の部分が少ないかなぁ。

 

セントラルフェリー乗り場のバス停から、15番バスでビクトリアピーク

ビクトリアピークに行くのには、ピークトラムで行くのが定番のようです。めっちゃ混んでて乗るまでに1時間待ちとの情報もありトラムはパスします。

ビクトリアピークへの直行バスがあるので、こいつで100万ドルの夜景を見に行きます。

 

セントラルのフェリー乗り場のバス停はこのあたり。

 

山頂と書いている15番のバス停でしばし待ちます。

 

足元のかすれた番号に従い並びます。

料金は、9.8HK$でおつりは出ないので小銭を用意。おつりなし覚悟で10HK$を投入箱入れました。

このバスも100人は乗れるので、いっぱい並んでいても乗れちゃいます。

満員になると途中のバス停で人が待っていてもスルーして走っていきます。

一時間ほどしてビクトリアピークに到着。

 

ビクトリアピークから眺める100万ドルの夜景

この写真のピークタワーは有料なのでやめときました。

 

獅子亭という無料の展望台から夜景を楽しみます。この獅子が目印。

 

綺麗なんですが、30分ほど滞在し満足して引き上げます。夜景以外何もなかったので。

帰りも15番のバスに乗車。

これまたいっぱい並んでましたが、すぐに乗ることができました。100人乗れるので。

 

沾仔記で雲呑麺

夜景を見たら小腹がすいたので、香港名物の雲呑麺を食しに行きます。

 

行き先はミシュランガイド常連の沾仔記を目指します。

 

ミシュランの張り紙めちゃ張ってる。

昔の電話ボックスもテレクラのチラシがこんな感じで貼られてたような。

しかしこれは、期待ができますな。

ラッキーなことに、ここでも並ばずに入店。行列に並ばずに済むスキルが発動されてます。

中は混んでいたので、韓国人の方と相席となりました。

 

日本語メニューがあるので、注文は楽勝。

 


ワンタン麺と牛肉麺とゆで野菜を注文。

エビもプリップリで牛肉も脂身が少なくて柔らかく、スープも日本人向けだと思います。

これは美味しかった。

菜の花の茹で野菜は、ちとエグミが気になりました。

 

スターフェリーで夜景を見ながら、チムサーチョイ(尖沙咀)へ戻ります。

 

アベニュー・オブ・スターズ

旅行に行った2018年11月10日は、アベニュー・オブ・スターズは改修工事のため閉鎖されていました。

星光花園(ガーデン・オブ・スターズ)に展示物が移設、展示されているとのことでそちらに向かいます。

香港映画スターの手形プレートとブルース・リー像が目的です。

 

ブルース・リー像
工事中で、ジオングみたい…

 

すげぇ、ジャッキー・チェンの手形

 

知ってる、ジェット・リーの手形

 

おおっ、香港スターの方々の手形

そういえば香港スターに詳しくないので、他の手形の方々が誰かわかりません。

時間も遅くなったので、ホテルに帰りビール飲んで寝ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まいど! 管理人のふくともと申します。 40代の普通のサラリーマンです。会社の愚痴を肴に、晩酌で疲れを癒やしています。 体の疲れは癒えても、心の疲れは癒やしきず消耗するエブリデイを過ごしています。 同年代に共感してもらえる情報を発信し、少しでもお役に立てればと思います。 よろしくです。